top of page
中小企業経営研究会-最小.png
近代中小企業
近代中小企業のロゴ.png

最新号

2407kinchu.jpg

●終わりを告げる昭和型ビジネスモデル

「少子高齢化等による人手不足」「幹部社員の高齢化」「IT革新に乗り遅れる」「コロナ禍後の価値観の変化」などにより企業の倒産件数が急増しており、これは昭和型ビジネスモデルの終焉ともいえます。令和の今、昭和型ビジネスモデルの壁を破る方策をレポートします。

Web2407-kinchu-1.jpg
Web2407-kinchu-2.jpg
Web2407-kinchu-3.jpg

バックナンバー

2401kinchu.jpg

●不安定な経済状況を乗り切る手段  

2023年の日本国内では円安・原油高が続き、様々なモノの価格が上昇しました。海外では終わりの見えないウクライナ戦争や、中東エリアの武力衝突など、2024年も世界的な情勢不安が続くことが予測されます。中小企業としてこの難局を乗り切るためには、どの様な手段や施策があるのでしょうか。この問題への対応策をレポートします。

2403kinchu.jpg

●令和時代のデキる管理職像 第2弾  

2月号に引き続き、令和時代のデキる管理職像について特集します。働き方に対する価値観は、昭和・平成に比べ大きく多様化しており、それにともない管理職が対応すべき事項でも多様化が進み、管理職にはこれまでとは異なるマネジメント手法が求められています。経営者にとっても社員にとっても、今の「理想」と呼べる管理職像を考察します。

2402kinchu.jpg

●令和時代のデキる管理職像 第1弾  

時代は流れ令和となった現在、働き方に対する価値観は、昭和・平成に比べて大きく多様化しており、それにともない管理職が対応すべき事項も多様化が進み、管理職にはこれまでとは異なるマネジメント手法が求められています。経営者にとっても社員にとっても、今の「理想」と呼べる管理職像を考察します。

2404kinchu.jpg

●「労働時間短縮」と「賃上げ」板挟み経営の打開策  

働き方改革の柱は「同一労働同一賃金」と「長時間労働の是正」ですが、今、政府は大企業に限らず中小企業にも賃上げを要請しています。つまり、従業員の残業時間を削減し、生産性を上げつつ、賃上げを行わなければなりません。その板挟み状態となっている経営環境の打開策を考察します。

2405kinchu.jpg

最先端の「計画書」作成術  

事業継続のためには、目標・目的、資金繰りなどの、先を見越した経営計画が必須です。それには、現在の状況を客観的に把握し、経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)を今後どこに集中させ、どのように成長させるのかを示す行動指針、いわゆる売上計画書や経営計画書を作成しなければなりません。その「計画書」の作成方法や注意点などを解説します。

2406kinchu.jpg

●社内規程の作成と見直し  

社内規程とは、会社が独自に定める社内ルールで、多くの種類があります。コロナ禍や社会情勢の変化により、これまでの企業経営・運営のスタイルに変化が求められています。そこで、時代に即した社内規程の作成方法や、改定のポイントなどを解説します。

速習

最新号

2407sokushu.jpg

●接客術でクレーマーがファンに変わる!

小売業に付きものなのがクレーム対応です。中には悪質なクレーマーもいますが、そのクレーム客をロイヤルカスタマーに変化させ、あなたのお店のファンにさせる方法があります。様々なクレーム事例について実際の体験談を元に、具体的な対応方法を解説していきます。

Web2407-sokushu-1.jpg
Web2407-sokushu-2.jpg
Web2407-sokushu-3.jpg

バックナンバー

2401sokushu.jpg

●新入社員を即戦力に育てる独自メソッド  

新入社員が、タフで自主的に動ける社員へと成長するポイントは、自発的に目標を設定し、その目標をコミットする意思が継続できなければいけません。それにはモチベーションの維持と、挑戦意欲をどう引き出せるかが重要です。新入社員が即戦力となる、成長意欲を持つための営業職育成メソッドを解説します。

2403sokushu.jpg

●マネジメント力強化の方法  

企業の中には様々なマネジメント(経営、事業、人事、情報、etc.)が存在し、それらの強化の根幹は「文書化された情報」「役割・責任」「計画」「リーダーシップ」「資源・支援」「分析・評価・改善」といったところにあります。上記は「マネジメントシステム」の考え方を元にしたものですが、その様々な領域について強化の方法を解説します。

2402sokushu.jpg

●サイバー攻撃への対処法  

サイバー攻撃とは、PCやWebサイトをターゲットにして、情報の改ざんや漏洩、盗取、システムの破壊などを行うことです。昨今、SNSやスマートフォン、IoT機器など多数のデバイス機器の登場により、サイバー攻撃の方法も多彩になり、被害規模も大きく、企業規模に関わらずセキュリティ対策を整えることが急務な状況です。

2404sokushu.jpg

会社解散手続きのすべて  

会社を作ったけれど現在は業務を行っていない、会社の業績が悪化した、会社の後継者がいないなどの場合には、会社の解散を検討することになります。会社を解散するには、法律で定められたとおりの手順を踏まなければなりません。その手続きの流れについて解説します。

2405sokushu.jpg

●価値共創セッションが組織を変える
価値共創は、単なる製品やサービスの提供だけでなく、顧客やパートナーとの連携により、新たな価値を共同で創り出すプロセスです。これは協力と創造性が結びついた手法であり、単なる双方の利益を追求するだけでなく、持続可能かつ革新的な価値を生み出すことが期待されています。

2406sokushu.jpg

●従業員満足度調査から経営課題を解決!

従業員満足度調査の実施・分析によって得られた課題に対し、優先順位をつけて経営戦略に取り入れ、その効果をPDCA的なアプローチから次回の満足度調査で測定します。さらに、人事・経営企画部門が自前で調査を作成・実施する方法や、調査結果の分析手法などを解説します。

bottom of page