最新号

2007kinchu.jpg

●コロナショックに負けるな!第2弾
おぼろげながら、新型コロナウイルス感染症拡大の先行きが見えてきたような…。私たちは、これまで培ってきた習慣や社会常識を再考する必要があるのかもしれません。「この困難な時間は、数年続く」と言われていますが、それを乗り越えれば、新しい働き方や生き方に出会える可能性があります。微力ではありますが、今後も本誌は探求して行きます。

2020年

2001kinchu.jpg

●AI(人工知能)の未来と働き方改革のマッチング

囲碁・将棋・チェスなどのAI(人工知能)の進化には凄まじいものがあります。数年前から各種マスメディアで注目されており、一般の人々のイメージもこれらが先行しているように思われます。一方、ビジネスにおいては、大手企業やITベンチャー企業のAI活用法などが盛んに取り上げられています。そこで次号では、中小・零細企業の中小企業での活用事例などを参考に、AIの未来と働き方改革とのマッチングなどを紹介したいと思います。

2002kinchu.jpg

●あなたの会社はパートタイム労働者に優しいですか?

4月1日、パートタイム・有期雇用労働法が施行されます。(※中小企業は2021年4月1日より施行)正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間の不合理な待遇差が禁止され、これはパートタイム労働者だけでなく有期雇用労働者も法の対象に含まれます。中小企業においては、事前に法律の内容を把握して対応策を準備しておく必要性があります。

2003kinchu.jpg

●ハラスメントを真剣に考えてみよう「パワハラ編」
昨今、社会問題化している各種のハラスメント問題ですが、一旦発生してしまうと、被害者だけではなく加害者の人生や会社組織にも大きな影響を与えてしまいます。ハラスメント問題の現状、防止策、研修などを事例を交えて考察します。

2004kinchu.jpg

●ハラスメントを真剣に考えてみよう「セクハラ&判例 編」3・4月号にわたるハラスメント特集の第2弾!
春は入社や人事移動などで、あらたな人間関係がスタートする時期です。ハラスメントの根本は、その人間関係にあります。4月号は「セクシャルハラスメント」について、現状、防止策、研修などを事例を交えて考察します。

2005kinchu.jpg

●迅速な判断と対応で生き残りを考える
ビジネスに外的要因による業績の浮き沈みは付き物です。そして、時に事業の縮小が求められます。その際の意志決定や実行にともなう、有効な判断方法、事業縮小後の行動指針、事業縮小時の注意などを解説します。

2006kinchu.jpg

●コロナショックに負けるな!第1弾
パンデミック、クラスター、ロックダウン…。新型コロナウイルスの感染拡大について、多くの人が収束の見通しが立たないことや効果的な治療薬がないことに不安を感じています。当然、経済活動にも多大な負の影響が出ており、中小企業経営者の誰もが行く末を案じています。そんな厳しい状況を打破するための方策を提示します。

 

最新号

2007sokushu.jpg

●いまこそ知りたい「資金繰り」
コロナショックで苦境の中小企業…。「リスケジュールでコロナウイルスを乗り切る」「資金ショートを避ける為に取るべき対策」「コロナで露呈したキャッシュフロー経営で万一の備え」など、事業継続の支え、再起のヒント、事業全般に広く活用できるテーマで資金繰り策を探ります。

2020年

2001sokushu.jpg

●ソーシャルメディアのビジネス活用法

Facebook、Twitter、Instagramという3つのソーシャルメディアは、それぞれ似ているところと異なるところがあります。改めてこれら3つのソーシャルメディアの違いを、機能的な特徴、ユーザー動向などの様々な視点で捉え、最終的にどの様にビジネスに活用していけばいいのかを事例なども交えてガイドします。

2003sokushu.jpg

●「ライフデザイン」を豊かにするビジネスパーソンの健康管理法
何かとストレスがたまる現代社会や会社組織で日々活躍するビジネスパーソンのために、・無理なく体力をつけるための運動や食事・・正しいジョギングの効果や注意点・・スタイルがいい人の特徴や、スタイルがいい人に共通して見られる行動パターン・など、さまざまな視点からの健康管理法をお届けします。

2005sokushu.jpg

●コロナショックに負けないライフプラン
社会がコロナショックで震撼しています。こんな時期に、企業経営者や従業員は、どのような意識で過ごせばいいのでしょう。緊急事態に対処する基本的な「考え方」を知り、一人ひとりが、社会の急激な変化に対処する必要があります。本誌でライフプランの再検討をしてください。

2002sokushu.jpg

●令和時代の新しい学習方法「オンライン学習」

従業員教育に投資しない会社は、若手社員から敬遠され離職率が高まります。その従業員教育の選択肢は従来の対面型研修だけではありません。オンライン講座(Eラーニング)は、手軽に始めることができ、コストも安い!1日拘束されることがなく、通勤時間やランチタイムに学ぶことができます。

2004sokushu.jpg

●営業で使える心理学テクニックと法則
本当に売れるトップセールスは、意図的に心理学や脳科学のテクニックを使わなくても売れているケースがあります。一方、心理学テクニックを営業活動に取り入れる際の最終目的は「この人になら騙されてもいいや」というくらいに信用してもらう人間力であり、それを会得するには学習の必要があります。

2006sokushu.jpg

●債務を克服し事業を継続するための実践講座
どんな状況下でも、我々は生きていかねばなりません。そして経営者は会社を続けていく責務があります。人間ですから不安を持つのは当然ですが、心配ばかりしていても、解決には至りません。経営者として、今どう考え、具体的に何をすべきかを提案します。