最新号

1912kinchu.jpg

●「価格設定」それは市場競争に打ち勝つ早道!

「価格設定」は、ビジネス戦略において最重要ポイントであり、企画立案、研究開発、制作等の流れの最終事案になります。高すぎると売れませんし、低すぎると利益が得られません。一方で、高級志向や薄利多売という考え方もあります。商品・サービスの持つ個性を、コストプラス、または心理的要素で捉えるのか…。誌面で紹介いたします。

2019年

近中6月号-表紙.jpg

●全社員が理解できる決算書の読み方
本当に強い中小企業は、社員も経営者感覚を持っています。その経営者感覚を身に付けるには、 決算書を読み解くのが早道です。若手にもわかりやすい解説で、社員が経営者の右腕になるための決算書の読み方を紹介します。

8月号表紙 近中.jpg

●賃金制度の再構築

経営環境が目まぐるしく変化していく中で、自社の賃金制度は硬直していませんか。賃金制度の改定は従業員の不平不満を招く恐れもあり大変難しいものですが、このままの既存制度で問題はありませんか。今一度、賃金制度の見直しを考えてみてはいかがでしょう。

1910kinchu.jpg

●本当にやっていいのか? 本業以外への投資

企業経営が順調に進むと、ついつい本業以外の事業や投資に手を出してしまい失敗する経営者はかならず存在します。プロの世界でも、簡単には行かない投資を成功に導くには何を気をつければ良いのでしょうか。投資の成功・失敗例と共に検証します。

近中7月号-表紙.jpg

●〝情報発信&収集〟空間 イベント(展示会・見本市)で自社ブランドを磨け!

バイヤーやトレンドを探る幅広いビジネスパーソンが集まる展示会や見本市に出展して、新規顧客や業務提携先を獲得する手法は効果的です。同時にライバル企業の動向もチェックでき、まさにイベントは〝情報発信&収集〟空間といえます。その準備、ブースデザイン、集客術、商談術、フォローなどを考察します。

1909kinchu.jpg

●経営者の意志決定 本当にこの選択は正しかったのか

ビジネスは日々選択を迫られます。スピードが肝心と言われていますが、あまり考える時間がないのに決断を下した場合などは「本当にこれでよかったのか…」と悩む経営者は多いのではないでしょうか。意思決定における様々なケーススタディを紹介します。

1911kinchu.jpg

●真剣に考えてみよう!〝下請けからの脱却法〟

スペシャリティ(専門性)のない中小企業は厳しいと言わざるを得ません。専門性とは「これだったら○○社しかない!」と思わせる商品やサービス、情報を持つ〝強み〟のことです。昨今、発注側も内製化やコストカットにより中小企業、つまり下請けを切り捨てるようになってきました。そこで、次号は自社開発の新商品だけではなく、現有の自社資源を活かした〝下請けからの脱却法〟を探ってみます。

 

最新号

1912sokushu.jpg

●原点回帰!キャッシュフロー重視経営

儲かっているのにカネがない。この「勘定あって銭足らず」を防ぐのがキャッシュフロー経営です。商売の原点は現金取引です。しかし、規模を拡大するため、掛や手形を用いるようになり、信用取引が広がっていきました。この「物の受け渡し」と「代金の決済」の時間のズレに、落とし穴が潜んでいます…。

2019年

sokushu-71.jpg

●社内不正 発見、防止、始末のつけ方

大手企業の不正会計が頻発しています。架空取引、子会社不正、社員の着服と不正会計の手口も様々です。最近の実例に基づき、企業がどんな手ロに巻き込まれているかを検証します。

1909sokushu.jpg

●やる気のない社員を本気!!にさせる技術

仕事の手順書は作っている、OJTできっちり指導もしたはず…。けどできない、教えた通りにやらない従業員。どこに落ち度があるのか。指導不足があると会社の責任が問われる時代です。

速習6月号-表紙.jpg

●社是と社訓 再考

「社是・社訓」に思い入れをもつ経営者は当然多いでしょう。会社の姿勢を方向づけるコーポレート・アイデンティティは、社是・社訓の新しいカタチであるとも言えます。社是・社訓あるいは企業理念を、社員一人ひとりが理解している会社には活力があります。本書にて、会社の核となる「社是・社訓」の在り方について考えます。

8月号表紙 速習.jpg

●営業マンを奮い立たせる30の言葉
「当たって砕けろ」の精神でアクションを起こすことが大切です。壁にぶつかったら考え、もがき苦しみ、先輩に相談すれば良いのです。色々な体験をすればするほど、営業という仕事の持ち味が分かってきます。

1910sokushu.jpg

●業績と連動させる人事考課の発想法

どの企業でも様々な問題を抱える人事考課制度。人事関連の各種補助金も最低賃金の引き上げや昇給が条件です。しかし、業績改善、向上のない賃金規程の見直しは破綻を招くだけ。現状を見直し、現実的な制度改革の発想法を解説します。

●決算書でわが社と取引先の安全度を知る

資金をどう利益に結びつけるのか。収支バランス、資金の流れを把握するにはどうしたら良いのか。経理の実務の知識はもとより、適切な経営判断をするためには「決算書アレルギー」をなくさなければなりません。決算書をスラスラ読むポイントを解説します。

1911sokushu.jpg